トゥーロン大会結果

SoftBank Team Japan competing in Louis Vuitton America's Cup World Series Toulon
© Matt Knighton

2017年に開催される第35回アメリカズカップの予選「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ(以下「LVACWS」)」の第8戦トゥーロン大会が2016年9月9日に開幕しました。LVACWSは全6チームで争われ、9日にトライアル(練習)レース、10~11日にそれぞれ本番レースです。

本番レース2日目の9月11日は、得点が2倍になるスーパーサンデーです。天候は快晴。レース会場となるトゥーロンのムリヨンビーチに強い日差しが照りつけます。この3日間で訪れた観客はのべ26万人。LVACWSへの注目の高さがうかがえます。

さて、前日の本番レース1日目を終えた時点でのソフトバンク・チーム・ジャパンの成績は6位(19点)。どこまで巻き返しが図れるかに注目です。風向きは前日と同じく南東の風、風速3~4m/sのコンディション。不規則で読みにくい状況です。

第1レースでは、ソフトバンク・チーム・ジャパンが得意とするロケットスタートを決め、抜群の艇速で第1コーナーへ。今大会絶好調のアルテミス・レーシング(スウェーデン)に続き、僅差の2位で第1コーナーを回ります。この位置を終止キープし、2位でフィニッシュ。本番レース2日目は得点が2倍になるため、この時点でLVACWSトゥーロン大会の総合成績で2位に躍り出ます。続く第2レースではロケットスタートを決めようとしてフライング。このペナルティーが響いてこのレースは4位でのフィニッシュとなり、総合成績は4位に落ちました。

迎えた最終第3レース。総合得点はアルテミス・レーシングが1位(64点)、ランドローバー・BAR(英国)が2位(56点)、グルパマ・チーム・フランスが3位(52点)、そしてソフトバンク・チーム・ジャパンが4位(51点)。好調のアルテミス・レーシングは第3レースで最下位を取ったとしても本大会の優勝は確定しており、ソフトバンク・チーム・ジャパンが表彰台に上がるには、グルパマ・チーム・フランスよりも前の、全体で3位以上の成績が必要です。

最終レースはフライングをする艇が続出し、良いスタートを切ったのはグルパマ・チーム・フランス。ソフトバンク・チーム・ジャパンは2位で第1コーナーへ。このままでは、総合3位の入賞は望めません。果敢に攻め続けるソフトバンク・チーム・ジャパンですが、フランスの英雄、フランク・カマが舵を握り1位を走るグルパマ・チーム・フランスを追い抜くことができず、非常に苦しい時間が続きます。しかし、最後のコーナーへ向かう途中で1位のグルパマ・チーム・フランスと2位のソフトバング・チーム・ジャパンの間にエミレーツ・チーム・ニュージーランドが割って入ります。もつれるように艇が交錯するなか、ソフトバンク・チーム・ジャパンはこの2艇から距離をとり、コースの反対サイドへ。艇のスピードを失うことを避け、クリアに風を受けることができる位置で丁寧に方向転換をし、見事に風向きの変化もつかみ、一気に50mのアドバンテージを持って2艇の前へ。このアドバンテージを死守し、このレースを見事1位でフィニッシュ。

表彰台を目指し攻め続けたソフトバンク・チーム・ジャパンは、総合2位に入る快挙を収めました。総合3位のランドローバー・BARとの点差はわずかに1点。気迫でもぎ取った総合2位です。

前々回のシカゴ大会、前回のポーツマス大会と3位入賞を果たしてきたソフトバンク・チーム・ジャパンは、さらに順位を上げ、2位入賞でトゥーロン大会を終えました。

次のLVACWS第9戦は、いよいよアジア初開催となる福岡大会。2016年11月18~20日まで、福岡県の地行浜で行われます。3戦連続で表彰台を獲得し調子を上げているソフトバンク・チーム・ジャパン。福岡大会では表彰台の真ん中を目指します。


【LVACWSトゥーロン大会 最終日終了後のコメント】
■早福(そうふく)和彦総監督兼選手
「今日は良い形でカムバックでき、表彰台に上ることができたことは素直に満足しています。順位だけをみれば、昨日と今日は全然違うように見えますが、何かを大きく変えたということはなく、コース選択や方向転換のタイミングなど、一つ一つの精度を上げた結果が成績に結びついたと理解しています。最終レースで1位をとり、締まった結果で大会を終えられたので、福岡大会に向けて弾みがつきますね。福岡では優勝したいですし、ホストチームとして、他チームに日本の良いところを見てもらいたいと思っています」

■ディーン・バーカー艇長
「難しいコンディションの中で行われたトゥーロン大会でしたが、今日は昨日の反省点をきちんと修正することができ、結果を出すことができました。銅メダル、銅メダルときて今回、銀メダルを手にしましたので、この調子で福岡大会もいきたいですね。福岡大会はとても楽しみですが、その前に、まずはバミューダで本戦用のレース艇の開発に集中して、来年の本戦に備えます」